色々なトッピングを楽しめる

例えばお菓子を食べている時、「どら焼きの餡がもっと入っていたらいいのに」「ケーキの生クリームがもっとたっぷりかかっていたらいいのに」と思った経験のある人は多いでしょう。しかし、どら焼きもケーキもしっかりとした甘い生地ですから、餡や生クリームの量は適度なバランスなのです。もっと食べたいからと餡やクリームを入れ過ぎると、生地のしっとりふわふわの食感が損なわれ、クリームのなめらかさがしつこく感じられるようになるでしょう。

そんな甘いものをもっとしっかり食べたいという我儘なニーズに応えてくれるのが、甘さ控えめのパンケーキです。最近流行りのパンケーキの専門店では、生クリームとフルーツが沢山盛られた人気メニューが味わえます。小豆や抹茶を使った和風パンケーキメニューもあるので、洋菓子好きの人も和菓子好きの人も楽しめるでしょう。パンケーキの魅力といえば生地自体の甘さが控えめなので、そのまま食べても、シロップや生クリーム、餡やマロンクリームなど素材やジャンルを問わず様々なトッピングを加えてもおいしく食べられるという点ではないでしょうか。

「そんなに生クリームや小豆が好きならそのまま食べれば良いのでは」と思われるかもしれませんが、生クリームも小豆もそのままでは案外食べられないものです。ほのかな甘みのあるシンプルなパンケーキ生地と一緒に組み合わせることで、お互いのおいしさをたっぷりと味わい、食べられるのです。

しかし、炭水化物であるパンケーキと生クリームなどを沢山食べるとカロリーが気になるという人もいるでしょう。パンケーキの生地自体の砂糖の量は控えめで、しかも空気を含んだフワフワの生地は枚数が多くても口当たりが軽く、満足感があります。さすがに毎日のように食べるとなるとダイエット中の人には気になりますが、生クリームや小豆を思いっきり食べたい時には、たまにはカロリーを気にせず食べてみてはいかがでしょうか。疲れやストレスを発散する為にも、食べたいものを思いきり食べるというのはとても効果的なのです。