生地のアレンジを楽しむ

現在話題のパンケーキは生地自体が甘さ控えめで、様々なトッピングや素材と組み合わせられることでオリジナリティ溢れるメニューが次々生まれ、人気になっています。生クリームやアイスクリーム、シロップをかけても美味しく頂けますし、ソーセージやサラダなどおかずと一緒に食事として食べるメニューも増えました。

食材をトッピングするだけではなく、食材を生地に加えて楽しめるのも、シンプルなパンケーキならではの楽しみ方の1つではないでしょうか。生地自体にこってりとした濃厚な甘さがあると、後から加えた素材の風味を邪魔してしまうものです。色々な素材で自分の好きなアレンジが楽しめるでしょう。

カボチャやサツマイモなど甘みの強い野菜をパンケーキにトッピングする場合、バターや生クリームを加えてコクを出し、ソースやペーストにする方がシンプルなパンケーキに合います。野菜の甘さだけでは足りないので砂糖を加えることも多いでしょう。しかし、生地に野菜を練り込む場合は、角切りにしてもペーストにしてもそのまま生地に混ぜるだけで美味しく焼きあがります。生地そのものにアレンジを加えると、シンプルにバターだけのトッピングでも楽しめるので、とてもヘルシーなのです。

カボチャやサツマイモ、ホウレン草や人参などの野菜を生地に練り込んだベジタブルパンケーキは素材の色や風味もしっかり味わえる一品です。栄養豊富な野菜を混ぜたものはおやつだけではなく、立派な食事にもなります。甘さが控えめな生地は野菜本来の味を引き立たせてくれるので、カボチャやサツマイモが美味しい季節になったら、旬の美味しさを味わうためにパンケーキを焼いてみてはいかがでしょうか。

また、チョコレート好きな人は、ソースやトッピングだけではなくパンケーキ生地にもココアを混ぜてみましょう。最初はほろ苦い生地を味わい、次はクリームと合わせて、最後はチョコソースやトッピングのチョコと楽しむなど、ひとつのお皿で最後までチョコパンケーキを楽しめるはずです。